脱毛の周期

脱毛の周期を考えて脱毛を諦めないこと

よく、脱毛の施術に何ヵ月も通うのが面倒で、続かなくなってやめてしまうケースがあります。

結果が出るまである程度通うことになるのは、結局、自分が納得できることになるわけですが、今日、明日で結果が出るわけではありませんから、我慢できない方もいるでしょう。

それが損をしてしまうのです。

毛が成長していく毛周期を知れば、続けてみようと思うかもしれません。
毛周期は、成長初期、成長期、退行期、休止期の4段階を繰り返しながら入れ替わります。

この中で、脱毛処理をして効果があるのは成長期になりますから、ある程度の期間を空けないとその時期はやってこないのです。
それで1ヵ月や2ヵ月では終わらないこととなってしまうのですが、このような毛周期がわかっていないといつまで続くのだろうかと不安に思ったり、短気になったりして止めてしまうことになるのでしょう。

イメージで、脱毛ですぐキレイになれると思っているかもしれませんが、美は一日にしてならずです。
そんなに焦らなくても良いでしょう。
キレイになりたいなら、脱毛の周期を考えて脱毛を諦めないことが大事です。

2~3ヵ月に1回の施術は、毛周期のため

脱毛の広告や専門店でいわれる施術のペースですが、2~3ヵ月に1回といわれるのは、毛周期に基づいての提案なのです。
わざと長く通わせようとしているのではありません。

人間ですから、毛周期に個人差や部位差があるといっても、毛が生え変わるのは一般的に2ヵ月、少なくても3ヵ月あればということなのです。

脱毛をするには、毛が体表に出ている時期でなければ施術をしても効果がないことになりますから、ピンポイントの施術ですることが最も効率が良いことになります。
それで、2~3ヵ月が妥当になるのです。

無理やり調節できることではありませんので、この脱毛の周期に合わせて施術することは、変えられないことになります。

それでも、自己処理で同じことを永遠に続けるよりは結果が出ますから、継続をおすすめします。